出会い系サイトは改善する必要がある

出会い系サイトで女の子と出会うためにもう少し利用しやすくしてほしいものです。

デザインを重視しなきゃいけない

人間が作り出したものは全てにデザインがある。
人が使いやすいよう、分かりやすいよう、見て心地よくなるようにデザインされている。
マンションも道路も、ポスターもペットボトルも車も、わたしたちが普段着ている服も。
オフィスに来て座る自分のデスクもペン立てもイスも、天井のライトも、そのライトをつけるスイッチも。
人が作ったものは全て誰かが使う人の事を考えてデザインされているのだ。
だがしかし、時にデザインはデザイナーの独りよがりになりがちだ。
見た目のインパクトであったり奇抜さ、どれだけ人目を引くかにこだわりすぎて、 実際に使う人間が置いてけぼりになってしまうという事態がよく起きている。

使いやすくするべきだ

それの最たるものが出会い系サイトである。
このサイトは不特定多数の男女が匿名で登録をし、異性との交流を深めるネットコンテンツである。
出会い系サイトとと言うくらいだから、 やはり異性との素敵な出会いを期待して人は登録しメールを送ったり相手を募集したりするわけだが、 こういった色恋沙汰を扱うコンテンツというものは出会い系サイトにかぎらずデザインが雑で、 統一感がなくとにかく派手で目が痛くなる作りのものが多い。
無駄に増やされていく項目。不必要な表示がおおすぎるので非常に使いづらい。
本来の目的である異性との出会い以外のコンテンツがありすぎて、
どこを開けば自分の目的のページにたどり着くのかまるでわからない。
こういったデザインは今すぐに排除されるべきだ。
でないと今後出会い系サイトはどんどん衰退していってしまうだろう。
だが出会い系サイトというもの自体は、われわれにたくさんの興奮や喜びを与えてくれるものだ。
わたしたちはいつも恋をしたがっている、いつも異性に胸をときめかせている。
その一つの形としてインターネット上に生まれた出会い系サイトをこのまま衰退させてはいけない。

カップル誕生までの軌跡

革命を起こさなければならない

それにはまずは使いやすさ、わかりやすさ。デザインの革命を起こさねばならない。
かといってあまりにファッショナブルになってはいけない。
出会い系サイトは若い人だけのものではない。
むしろ40代から50代の利用者が一番多いという話しも聞く。
どの世代にも共感を与え、親しみやすく、そしてわかりやすい、 極めてシンプルな出会い系サイト、そして安心感と同時に素敵な人と出会えそうだという期待感。
これが今後のスタンダードとなっていくだろう。
俺は今後も女性と会うためにこのサイトを使ってくことだろう。